成年年齢引き下げと税制

ホーム 成年年齢引き下げと税制

民法改正とその影響(成年年齢引き下げ関係)

■成年年齢引き下げについて
成年年齢を20歳から18歳に引き下げること等を内容とした「民法の一部を改正する法律」が、令和4年4月1日から施行されます。

政府広報オンライン

法務省「民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について」

消費者庁「18歳から大人」特設ページ




■税制への影響
成年年齢が引き下げられると、税制にも影響があります。
主なものは下記の通りです。
(1)相続税の未成年者控除
(2)相続時精算課税制度
(3)直系尊属から贈与を受けた場合の贈与税の税率の特例
(4)非上場株式等に係る贈与税の納税猶予制度(事業承継税制)
(5)住宅取得資金の贈与の特例

また、相続時の遺産分割協議での特別代理人の選任制度にも影響があります。



■留意点
この他にも、国・地方公共団体、その他の団体や企業等から多くの情報が発信されていますが、誤った情報に惑わされることなく、正しい知識を身に付けましょう。




SITE MENU

ホーム
サービス内容

TOPICS
ーふるさと納税の仕組み

ーふるさと納税の手続き
ー青色申告で税金・国民健康保険税を減らす
ー法人成りのメリット・デメリット①
ー税務行政のDX(デジタル・トランスインフォメーション)と私たちへの影響
―新型コロナウイルス感染症対策
改正消費税対策、納税資金対策
経営者のための共済制度、企業の福利厚生制度等
会計ソフトで業務の効率化
成年年齢引き下げと税制

皆様の問題を解決
よくあるご質問
外部リンク
国税庁ホームページ
財務省トップページ
e-Taxホームページ
eLTAXホームページ
マイナンバーカード総合サイト


Pagetop