マネーフォワードクラウド

  • HOME
  • TOPICS
  • マネーフォワードクラウド

マネーフォワードクラウドとは?

最近CM等で見かける「マネーフォワードクラウド

経理の仕事をしている人にとっては気になる存在ではないでしょうか?

どのようなものかと言えば、「クラウド」上で、「銀行」や「クレジットカード」の取引を自動で仕訳入力することができる会計ソフトです。

私たちは「マネーフォワードクラウド公認メンバー」として導入を推進しています。

運営会社は?

「マネーフォワードクラウド」を運営している会社は
株式会社 マネーフォワード です。

家計簿アプリ「マネーフォワード」は「銀行の預金残高や取引内容」「株式の時価評価額」「クレジットカードの使用状況」などを自動取得してくれるので、「財産の状況」や「月々の収支」が簡単に分かってすごく便利。私(相談員・若林)も愛用しています。

日本を代表する金融機関や商社が株主に名を連ねていて、安心感も十分です。

クラウドとは?

従来の会計ソフトはソフトを購入して、パソコンにインストールして使っていました。

「クラウド」会計ソフトではパソコンにインストールしなくても、パソコンやスマホ、タブレットなどインターネットを使える環境があればどこでも使うことが出来ます。

データも3か所でバックアップしているのでなくす心配がありません。

自動取得

銀行口座やクレジットカードを登録すると、取引情報を自動的に取得してくれます。

「マネーフォワードクラウド」ではメガバンクやネット銀行、地方銀行や信用金庫にいたるまで全国ほとんどの銀行とデータの連携が可能です。

データの取り忘れがなく、入力作業も銀行残高が完全にあっているところからのスタートです。

自動仕訳

いままでの会計ソフトの場合、通帳から「日付」「勘定科目」「金額」「(消費税の)課税区分」「摘要」を入力していました。

「マネーフォワードクラウド」では自動取得した銀行やクレジットカードの取引情報について「日付」「勘定科目」「金額」「課税区分」「摘要」を自動で仕訳を提案してくれます。

内容を確認して「登録」をクリックすればそれで仕訳の入力完了です。

 しかも50件まとめて登録可能!! いままでの入力作業との差は歴然です。

学習機能

最初に提案された仕訳が違っていても一度仕訳を登録すると、学習機能により次は正しい仕訳が提案されます。

利用すればするほど「正しく」「スピーディーに」仕訳入力が出来ます。

「自動取得」「自動仕訳」についての「マネーフォワードクラウド」公式サイトの説明はこちら

担当相談員

相談員税理士 若林 晃一

SITE MENU

ホーム
サービス内容

TOPICS
ーふるさと納税の仕組み

ーふるさと納税の手続き
ー青色申告で税金・国民健康保険料を減らす
ー法人成りのメリット・デメリット①
ーマネーフォワードクラウド
改正消費税対策
「相談サポート」サイト
経営者のための共済制度
よくあるご質問